SingleNuts! SR隊 「ぼや記」

またもやYAMAHA SR400をいぢり始め いつものごとく荊の道を突き進む(;´Д`)

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

<コーティングあれこれ> 【アルマイト編】 

いつもはオチャラケBlogですがたまには真面目にやっちゃうか?
やれば出来る子と言われ続け、この年になったしまったNARIです はぅぅぅ

このインターネットの情報が交錯する中
ひと昔まえのHPから現在はBlogに変化し皆がお手軽に自由に書き込めるご時勢
正直「え?それ違うのでは?」と思う記事も沢山拝見しました。
その記事を信じるレスも・・・(もちろん正しい情報も存在します)
やはり体験から得られる情報、信用できる筋からの情報。
20年近くシングルに携わってきて(特にSRですが)少しでもお役に立てば

メルマガなんてやろうかな?と思い、ネタ貯めておいたのですが、連続シリーズでお送りします

<コーティングあれこれ>
金属は、セラミックス、プラスチックと並んで材料素材の大きな支柱をなしている。
近代になり鉄に加えて、特に軽金属が大きく台頭してきた。
それぞれ素材には長所短所があり、金属にも短所をカバーするためにいろいろな方法が考えられてきた。
さまざまな用途に適応するために合金が考えられてきたが、素材の良さを活かし、
付加価値を高めるのに化学的表面処理が施されるようになった。
鉄にペンキを塗ることは錆びないようにする表面処理方法である。

バイクでよく使われるアルミパーツに赤や青、クリアなど
(アントライオンさんなどのあの色の付いたパーツです)
アルマイト以外にも、この10年くらいで、「チタンコート」「DLCコート」「WPC」などなど現在多種多様なコーティングがメーカー出荷のバイクにも使われるようになりました。
それぞれの見比べてみましょう

【アルマイト】
軽金属、特にアルミニウムについては、1924年(大正13年)日本でアルマイト加工技術が生まれた。
この電気化学的表面処理は、軽くて丈夫というアルミ素材の良さが評価されて、益々成長の一途をたどっている。高付加価値・ファッション化など、開発は多方面に広がっている。
腐食は金属表面が何らかの理由によりイオン化することにより起こるのである。
イオン化しな方法が即ち防食ということになります。
アルマイト処理の概要はアルミ表面に酸化皮膜を形成するものです。ですので、メッキ等 のように他の金属を表面にコーティングするわけではなく、アルミの表面自体が皮膜に変化するものですので、メッキやコーティングのように剥がれるような皮膜ではありません。
通常のアルマイトの皮膜厚さはだいたい0.005mm~0.02mm(5ミクロン~20ミクロン) 程度となります。 
ただし、寸法的にはこの厚さがそのままプラスされるわけではなく、
「素材表面より内側に50%、外側に50%」皮膜が形成されることになります。 
つまり、 全体の寸法的には皮膜厚さの半分がプラスされる
(たとえば皮膜厚さが0.02mmだった場合、 もともとの素材表面に0.01mmだけ太るということ)というようにお考えください。
このアルマイト層は「多孔質層」と呼ばれ、ミクロの孔が開いている層となっており、
カラー アルマイトというのはこのミクロの孔に染料を染み込ませることで着色をしているのです。
※アルミの材質によって同じ工程で施工しても発色が変わります
・作業工程は
脱脂→水洗→エッジング(表面の肌を荒らすイメージ)→水洗い→中和→電解(アルマイト)→水洗い→着色(色をアルマイト層に入れる)→水洗い→封孔(着色に封をする)→水洗い

●硬さ
通常アルマイトの皮膜硬さはヴィッカース硬さでHv150~250程度となりますので、アルミ 素地の状態よりは硬くなります。
この硬さは鋼でいうと生材~軟調質材程度の硬さとなります。
なお、通常より厚めにアルマイトをかけることでやや硬めの皮膜(半硬質皮膜)にすることも 可能です。
このあたりは発注時に業者さんと相談してみるとよいでしょう。

<参考> 各アルマイト皮膜の表面硬度(硬さ)
●アルマイトの種別 ●ヴィッカース硬さ(Hv)
ハーダーマイト 400~550
硬質アルマイト 300~450
通常アルマイト 150~250
カラーナット


※ アルマイトの色変え
アルマイト加工済みの場合は剥離作業が先に入ります
(あまり行うと肌が荒れて綺麗に色が乗らない場合もあります)


とまぁこんな感じかな? 

次回は【チタンコート編】です お楽しみに♪

って期待する人いるのか?
スポンサーサイト

カテゴリ: 表面加工の話

[edit]

Posted on 2011/02/08 Tue. 17:43    TB: 0    CM: 4

この記事に対するコメント

SRカラギャン達にはおすすめですね。
次回のチタンコートも楽しみです。ww

URL | f-revo #JalddpaA

2011/02/08 18:02 * 編集 *

たまにはマジメに

これでも軽めに編集したのですが(笑

> SRカラギャン達にはおすすめですね。
まだいるのか?カラギャン
おぢさんはもぅ遭遇する場所には近づかないモンで・・・えへ

> 次回のチタンコートも楽しみです。ww
おう!24時間後にお会いしましょう♪

URL | NARI #-

2011/02/08 18:20 * 編集 *

これが噂の・・・

これが噂の封印されていたレポートですかっ!

次回も楽しみです!
こういうの大好きっす!w

URL | オッサン.ロト #-

2011/02/09 00:41 * 編集 *

ロトさん

そそ これこれ
為になるのか?は・・・微妙ぉ

普通の方は「ドン引き」 になるのでは・・・で封印してました

しばらく連載するんでお楽しみに♪

URL | NARI #JalddpaA

2011/02/10 11:14 * 編集 *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://srx250.blog53.fc2.com/tb.php/202-33732bda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ようこそ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

メールフォーム

PERSONAL-LINK

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。